JOURNAL

  《ドージェ(Dorje)》とは、チベット密教で用いられる法具の名称のことで、チベット語では《ドルジェ》とも呼ばれるが、古代インドの標準的な文章語であるサンスクリット語では、《ヴァジュラ(Vajra)》と呼ばれている。 《ドージェ》は、“天空の良い力を取り込み”、“煩悩を打ち砕き”、“持つ人を護る”と言い伝えられ、古来より大切な法具として用いられてきた。 もともとは、古代インドの神話に登場する、インドラ神が下す雷電や、その雷電を象徴する武器のこととされ、それがチベット仏教の全宗派にわたり、さらに日本の仏教の一部宗派の法具として用いられるようになった。欧米では《サンダーボルト》などとも呼ばれ、日本では《ドルジェ》または、《金剛杵(こんごうしょ)》と呼ばれている。 基本的には中央に緻密な細工が入り、両端の尖った部分は槍の刃とされている。また、刃の数によって名称が異なり、刃が1本=独鈷杵(どっこしょ)、刃が3本=三鈷杵(さんこしょ)、刃が5本=五鈷杵(ごこしょ)などと呼ばれ、その他にも様々な種類が存在する。 古くは、有名な「空海」の肖像画にも描かれている。また、お寺の入り口でよく見かける「金剛力士像」の手に握られているのも《ドージェ》だ。じつは「金剛力士像」とは、サンスクリット語で「ヴァジュラを持つ者(ヴァジュラ ダラ)」という意味。《ドージェ》は、チベット密教を国教とする唯一の国家「ブータン王国」の国章にも描かれている。 古代インド神話、チベット仏教の全宗派、日本の仏教の一部宗派において、古より消えることなく大切に守られ、崇敬されてきた法具こそ、《ドージェ》なのだ。 『ZOCALO:ソカロ』では、この《ドージェ》を用いた多彩なジュエリーが展開されている。 《ドージェ》を冠したジュエリーにも《バード・ドージェ》や《チベタン・ドラゴン・ドージェ》、《クラウン・ドージェ》に《ダブル・ドージェ》など、さまざまなデザインが存在する。 また、リングはもちろん、ペンダントにブレス、ピアスにウォレットチェーンなど、ジュエリーのカテゴリーも実に幅広く、サイズのバリエーションを含めると、膨大な数のコレクションとなる。 きっと自分に最適なお気に入りの《ドージェ》に出会えるはず。 https://zocalo.jp/collections/dorje_vajra
Continue reading
道具としての《キー(鍵)》は、基本的に錠とセットで使用され、扉の開閉に用いられる。その歴史は古く、世界で最も古い《キー(鍵)》は、エジプト錠と呼ばれる木製のもので、紀元前2000年頃にはすでに存在していたと言われ、壁画にも描かれているという。 そして、古来より道具として用いられてきた《キー(鍵)》は、次第に象徴(シンボル)としての意味を持つようになった。 扉を開けられることから、「叡智」「知識」「成功」など「幸運をもたらす」シンボルとして重んじられている。また、その他にも「秘密」「制御」「力」「支配」「信頼」「約束」「慎重」「権威」などの意味を持つとされ、西洋ではバチカン市国の国章を筆頭に、紋章としても多用されている。  日本では《キー(鍵)》は、門を閉ざす機能を持つことから、「魔除け」などの効果があるとされ、鍵を意匠化した“鍵紋”が作られ、用いられてきた。 このように《キー(鍵)》は、道具としてだけではなく、さまざまな意味を秘めたシンボルとして世界中で用いられてきた。《キー(鍵)》に秘められた、これらのポジティブな意味合いに、『ZOCALO:ソカロ』独自の想いを加え、デザインに落とし込んだのがKey(キー)コレクションだ。 すべての物事に始点と終点があるように、人の想いや行動にも始まりと終わりがある。《キー(鍵)》は、そんな人々の意思の象徴としても存在している。 新しい扉を開くために使うのか、それとも大切な想いを封印するために使うのか……。 「幸運をもたらす」シンボルとして、はたまた「災いから身を護る」お守りとして、『ZOCALO:ソカロ』の展開する、Key(キー)コレクションを取り入れてみてはいかがでしょうか。 Key(キー)コレクションは、ペンダントのラインナップが中心。西洋のアンティークキーを思わせるデザインから、《ドージェ》や《ガネーシャ》をあしらったデザイン、ストーンをあしらった気品あるデザインまで、多彩なジュエリーが展開されている。 また、サイズのバリエーションも多く、好みやスタイルに合ったジュエリーが探しやすい。 物事の始まりや終わりを象徴する存在として、またはお守りとして身につけるのはもちろん、「信頼」や「約束」の証として、大切な人とペアで身につけるのもオススメです。 https://zocalo.jp/collections/key  
Continue reading

《チベタン・モンク・スカル》には、無意識に、自然と引き込まれるような力強い美しさがある。この神々しいまでの力強い美しさの理由はなんなのだろうか。それは、古より連綿と受け継がれてきた人々の祈りの結晶として誕生し、存在している法具だからかもしれない。心の汚れを浄化するために存在するもの。幸福や平和を願う人々の純粋無垢な祈りにより、世代を超えて磨かれ、研ぎ澄まされた必然の造形には、デザインという概念では計り知れない力強い美しさが宿っている。

Continue reading
「Crest」を辞書で調べると「鳥のとさか、冠毛」「兜の前立て、飾り」「頂上、山頂、最上」「紋章、家紋」などの意味とされています。 共通して言えるのは目立つものと言うことになります。 ZOCALOがデザイン名に使っている「Crest:クレスト」は「紋章、家紋」の意味です。
Continue reading