Sanskrit Guardian Goddess

梵字と干支による守護尊をセット

古代インドの文字として発展したもので、六世紀半ば、中国を経て日本に伝わって来たと言われています。梵語(サンスクリット)を表記するために用いる字体で、梵字悉曇(ぼんじしったん)とも呼ばれています

各、仏・菩薩(ほとけ・ぼさつ)様、その中で生まれ年(干支)によって決まる守護尊も表します

シルバー925のアイビー柄のフレームに、ブロンズの片面に梵字、片面に十二支を彫り込んだコインをセットしました。


申し訳ございません。検索に一致する商品が見つかりませんでした。